ネチガエは起きていてもなります💦

2020年09月28日

 皆さんこんにちは‼

 

 

 

 

京都市 中京区 四条大宮 藤枝整骨院 🏥 藤枝です👺💨

 

 

 

冷えの対策としてお手持ちのカバン💼に ストール などを入れておいてはいかがでしょうか❓👀

 

 

 

 

日中は暖かい、日によっては暑いぐらいの季節ですが朝晩は冷え込む⛄事が多いので是非カバン💼に この時期ならではの 防寒グッズ を忍ばせておいてください😊

 

 

 

 

さて、今日は  寝違え ⚡の際に痛めてしまいやすい    の骨 と 甲骨 を繋いでいる筋肉💪についてお話をしようと思います💡

 

 

 

 

ギックリ腰 ⚡については過去のお話をご覧ください🙇

 

 

 

ギックリ腰のお話はコチラ‼

 

 

 

 

👺寝違えで痛くなりやすい筋肉について💡

 

京都市 中京区 四条大宮 藤枝整骨院 寝違え

 

寝違え⚡になってしまうと 首が痛くて動かせない 🌚というような状態になってしまうのですが、人や症状によって動かせる範囲痛みが出る場所が微妙に違います💡

 

 

 

京都市 中京区 四条大宮 藤枝整骨院 寝違えで痛めてしまいやすい筋肉を後ろから見た画像です。

上の図に寝違え⚡の際に痛めてしまいやすい筋肉💪を3つ載せてみました🤳

※後ろから撮った図なのですが、1,2,3と印をつけています💡

 

 

寝違え⚡️でも動かせる範囲や痛みが出る場所が違う理由は怪我の程度だけでなく怪我をした場所が違う事にも理由があるんですね☝️

 

 

それぞれの筋肉💡の名前は以下の通りです☝

 

 

肩甲挙筋 ( ケンコウキョキン )

 

 

小菱形筋 ( ショウリョウケイキン )

 

 

大菱形筋 ( ダイリョウケイキン )

 

 

実はこれらの筋肉💪はある共通の作用を持っています☝

 

 

 

その共通の作用とは 肩甲骨の挙上 ( 上に引き上げる )と呼ばれる動作です💡

 

 

 

 

寝違え⚡は寝ている時になるという印象が強いのですが、実は寝ている時だけではありません💦

 

 

 

パソコン🖥作業やスマホ📱などをを使用していると知らず知らずの内に肩甲骨を挙上させてしまっている事があり、その状態が長時間続いてしまうと 筋肉への負荷が溜まってしまうのでふとした動作で筋肉を痛めやすい状態になってしまいます💡

 

 

起きていても寝違え⚡になってしまう事があるんですね😅💦

 

 

 

パソコン作業💻やスマホ📱の画面に集中しているとなかなか難しいかもしれないですが、適度に合間を見つけて肩や首を動かす事を心がけてください💡

 

 

 

痛めてしまった時に入浴など血流が良くなることをするとかえって痛みが増す事があるので、もし痛めてしまった場合は当日の入浴は避けて、早期に診てもらうようにしましょう💡

 

 

藤枝整骨院では寝違え⚡️の状態への施術も行わせていただいております。

 

 

ツライ痛みなどでお悩みの方は一度当院へお問い合わせ下さい。

 

 

 

足組みが歪みの原因に⁉️

2020年09月26日

皆さんこんにちは‼

 

 

 

京都市 中京区 四条大宮 藤枝整骨院 🏥 藤枝です👺💨

 

 

 

 

スマホのアプリが血流を測定するのに約立つそうですね💡

 

 

 

 

アプリを調べてみると、 えっ⁉こんなこともできるの😵となるアプリもあって少し驚いてしまいました😊

 

 

 

さて、最近は朝晩が涼しく感じることもあるのですが、お体が冷えてしまうと筋肉💪が硬くなりやすく、ふとした動作でも筋肉を痛めてしまう事があるので就寝時などにお体が冷えてしまわないように気をつけてくださいね💡

 

 

 

筋肉を痛めてしまって、痛み⚡がキツイ時は早急にアイシングや安静などの応急処置💊をするようにしてくださいね☝✨

 

 

 

 

さて今日は骨盤矯正についてお話をしようと思います💡

 

 

 

 

いざというときの応急処置については過去のお話をご覧ください🙇

 

 

 

過去のお話はコチラ‼

 

 

 

体のクセと骨盤の歪みについて

京都市 中京区 四条大宮 藤枝整骨院 骨盤

 

 

 

上の図は骨盤を正面から見た図です☝

 

 

 

 

座っている時に足を組んでいる人を見かけたり、ご自身でも足を組むという方は骨盤の歪みにご注意ください⚠

 

 

 

京都市 中京区 四条大宮 藤枝整骨院 骨盤の歪み

 

 

例えば右足を上にして足組みをするとき、右足が上になるので上の図のように右側の骨盤が上に上がっている状態になります🤔

 

 

 

土台である骨盤の高さが左右で違うのですが、上半身は真っ直ぐにしようとするため、腰や背中などの筋肉へ負担をかけながら姿勢を維持するような状態になってしまうんですね💦

 

 

京都市 中京区 四条大宮 藤枝整骨院 仙腸関節

 

今度は骨盤を上から見た図です👺

 

 

 

 

青い部分を仙骨 ( センコツ )、仙骨の左右に位置している骨を腸骨(チョウコツ)と呼びそれぞれの骨が関節を構成している部分を 仙腸関節 ( センチョウカンセツ )と呼びます💡

 

 

 

この仙腸関節はほんの少しですが動くので、足組みなどをすると仙腸関節へ矢印のような力💪がかかってしまい仙腸関節の歪みが出やすい状態になってしまうんですね💡

 

 

 

 

普段からよく足組みをしているという方は一度骨盤の歪みをチェック🔎をしてみてはいかがでしょうか❓👀

 

 

 

 

骨盤の歪みがある場合は周囲の筋肉💪の緊張が左右で違う事が多くみられるので深層筋💪をしっかりと整えながら左右バランスよく整えてあげるのがオススメです👺✨

 

 

 

 

藤枝整骨院 🏥では無理にボキボキ⚡しない骨盤矯正をさせていただいております💡

 

 

 

歪みを始め、ツライ症状でお悩みの方は一度歪みのチェックをしてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

 

 

肩こり🌀や眼精疲労👁💫は放置シナイデ🤖

2020年09月25日

皆さんこんにちは‼

 

 

 

京都市 中京区 四条大宮 藤枝整骨院 の 藤枝です👺💨

 

 

 

睡眠💤サイクルの乱れは気分障害に関連するそうなので出来る限り良質な睡眠🛌を心がけていきたいものですね💡

 

 

 

 

さて今日は肩こり🌀や眼精疲労👁💫についてお話をしようと思います💡

 

 

 

 

骨盤矯正については過去のお話をご覧ください🙇

 

 

 

 

過去のお話はコチラ‼

 

 

 

👺肩こり🌀や眼精疲労👁💫の原因は❓

 

京都市 中京区 四条大宮 藤枝整骨院 肩コリ と 頭痛

 

パソコン💻やスマホ📱の普及が関係しているのか最近では若い方でも重度の肩こり🌀や眼精疲労👁💫に悩まれている方が増えてきている気がします💡

 

 

 

パソコン💻やスマホ📱の画面の光刺激をカットするフィルムや眼鏡を使用されている方も多いようなのですが、それでもパソコン💻やスマホ📱の画面の光の刺激は非常に強く、知らず知らずのうちに眼の疲労👁💫を蓄積しているようです😱

 

 

疲れた時に『体を休ませる』のと同じように、目👁もしっかりと休ませてあげましょう☝✨

 

 

 

最近ではドラッグストア💊などでも眼精疲労👁💫をケアするような商品がたくさん出ているので、症状が軽度もしくは自覚症状はないけれど目の疲れはとってはおきたいという方はそういった商品を試してみても良いと思います👺✨

 

 

 

さらにパソコン💻やスマホ📱を使用している際は大抵首を下に向けていることが多く、肩や首周りの筋肉への負担がかなりかかってしまい筋肉が硬く(肩こり)なってしまいます🤖

 

筋肉💪が硬くなることで普段から猫背の状態になりやすくなってしまうと肩や首に負担がかかりやすい状態になってしまいます😱

 

 

 

猫背の予防のためにもお仕事などで長時間パソコン作業をされる方は1時間に一回は適度に首や肩を動かした方がいいのですが、仕事中はなかなか適度に体を動かす機会をつくれない😭という方が多いで、そういう方は入浴時♨️にしっかりと首や肩を温めたりお風呂上がりの際などに適度に首や肩周りの運動をしてみてはいかがでしょうか❓

 

 

 

もちろん肩こり🌀、眼精疲労👁💫がキツく出てしまっている方はセルフケア💊だけでなく、出来るだけ早期に診てもらうようにしましょう☝✨

 

 

 

 

 

藤枝整骨院 🏥では眼精疲労や肩こりなどの慢性の痛み⚡などの症状にも使える超音波施術器📻を用意しております💡ツライ症状でお悩みの方は、お気軽にお問い合わせください😊

 

 

 

 

骨盤矯正💀💡ボキボキシマセンヨ☝️

2020年09月24日

皆さんこんにちは‼️

 

 

京都市  中京区  四条大宮  藤枝整骨院  藤枝です👺💨

 

 

 

 

今日は 肩コリ や 腰痛 の原因になりやすい 骨盤の歪み についてお話をしようと思います☝️✨

 

 

骨盤の歪みは整えましょう💡

 

京都市 中京区 四条大宮 藤枝整骨院 骨盤を正面から見た画像です。

 

現在、肩こり⚡️や腰痛⚡️の悩みで整体などに通っているけれど、なかなか症状が改善しない😭という方はいませんか❓👀

 

 

 

 繰り返し施術を受けていても症状の改善がなかなか見られない場合は、骨盤の歪みに原因があるのかもしれませんよ❓

 

 

 

特に、普段から足を組むクセがあったり、立っている、もしくは座っていると左右どちらかに重心を寄せるのが極端だったり、靴👟の減り方が減り方が左右で違うという方は特に要注意です⚠️

 

以前のお話しの中に簡単なチェック項目があるのでよろしければご覧ください💡

 

 

チェック項目はコチラ❗️

 

 

『歪んでいるかも😥』と思われている方は一度、背骨の土台である骨盤のゆがみを整える事を視野に入れてみてもいいんじゃないでしょうか☝️✨

 

 

 

体に歪み(左右差など)がある状態で 肩こり⚡️や腰痛💥の施術を受けるよりもキチンと整っている方が施術の効果もグンと上がりそうな気がしませんか❓

 

 

 

歪みが無いのが一番なのですが、日常の何気ない生活習慣や動作などが原因で偏った体の使い方をしている状態を体が楽に感じてしまうようになり長期的に習慣化してしまうと歪みの原因となってしまいます。

 

 

 

背骨の土台である骨盤に歪みが出てしまうとどうしても体のどこかに負担がかかってしまいやすく、結果として肩こり腰痛を引き起こしてしまう事があるので歪みは早めに整えておいた方が良さそうですよね❓

 

 

京都市 中京区 四条大宮 藤枝整骨院 骨盤とその周囲の筋肉を正面から見た画像です。

 

骨盤の歪みを整える際、まずは検査を行うのですが、この際重要になってくるのが骨盤周囲の筋肉で、背骨と骨盤、骨盤と太ももの骨をつないでいる筋肉などがあり動作などに関わる筋肉などに関しては動きの左右差などがないかキチンと診ておく必要があります💡

※歪みがあると動きの左右差などが検査の段階で大きくでます💡

 

 

なかなか肩こり腰痛改善しない方や体の歪みが気になる方は一度歪みの検査をしてきちんと整えてみてはいかがでしょうか❓

 

 

 

藤枝整骨院 🏥では 歪みの検査はもちろん、骨盤矯正を施術させていただいております💡骨盤矯正を受けてみたいけれど何処に行っていいのか解らない😥という方は、 京都市 中京区 四条大宮 藤枝整骨院 🏥へいらして下さい😊

 

足のムクミでお困りではないですか❓

2020年09月23日

皆さんこんにちは‼️

 

 

京都市  中京区 四条大宮 藤枝整骨院 の藤枝です!

 

 

もうすぐ10月ですね‼️

 

 

体調を崩してしまわない様に自己管理をできる限りの範囲でやっていこう と思います♬

 

 

さて、来院されている患者様を診ていると足のムクミが出ている方が男女を問わずに多かったので今日は足のムクミについてお話ししようと思います。

 

 

〜足のムクミと足の筋肉の関係〜

 

 

 

デスクワークの方や長時間立ちっぱなしのお仕事の方は特に足のムクミに悩まされる事が多いと思います、、

 

 

 

なぜ、ムクんでしまうのでしょう?

 

 

 

皆さんも体内で血液が循環している事はご存知だと思います。

 

 

 

心臓が頑張って全身に血を送ってくれているんですが、足の方まで行くと、今度は心臓の方へ帰ってくるときに重力に逆らわなければいけません。

 

 

 

血流にとっては反重力の運動になってしまうのですが、それを助けてくれるのが足の筋肉なんです☝️✨

 

 

 

足の筋肉の収縮が血管を圧迫して重力に逆らって血液が流れるのを助けてくれるんです♩

 

 

 

よく足は第二の心臓と言われていますが、的確な表現だったんですね!

 

 

 

足の筋肉の収縮が血管を圧迫してまた心臓に返す事を手伝ってくれるんですが、このメカニズムを活かしてムクミ解消グッズとして着圧ソックスなどが販売されています。

 

 

ムクミに悩む人達の味方ですね☝️✨

 

 

 

デスクワークや立ちっぱなしの仕事をされている方は ふくらはぎを始めとした足の筋肉の運動が足りていない事が多いので、お仕事の合間などに踵を上げ下げしたり、足の指をグッパ×2したりすると良いと思います💡

 

 

 

血流を良くするためにふくらはぎを動かすのは聞いた事があると思いますが、足の指先を動かすのが血流の改善に繋がるということは知らない方も多いのではないでしょうか❓

※足の指先を動かす目的は写真を使って説明させていただきます。

 

 

 

京都市 中京区 藤枝整骨院 両下肢の静脈の画像です。

 

足の指先を見ていただくと青い線赤い線があるのをご確認いただけると思います。

 

 

この2つの線は動脈静脈です☝️

 

京都市 中京区 藤枝整骨院 右足の指先の動脈と静脈の吻合部分の画像です

 

 

少し解りやすくして見ました!

 

 

 

緑の線で囲っている部分に注目して下さい‼️

 

 

 

動脈静脈が噛み合っていまるのがご確認いただけますでしょうか?

 

 

 

簡単に言うと、足の指先の筋肉の収縮を利用してこの部分の血流を助けてあげるのが、足の指先を動かす目的なんです☝️✨

 

 

 

足の甲にテーピング包帯をしてあげるのも良いそうなのですが、圧迫がキツすぎるとダメなんで、足の指先がシビれたり、歩行時に痛みが出るような時はテーピングや包帯の圧迫を緩めてくださいね☝️

 

 

 

予備知識ですが、足(特に膝下)を力づくでゴリゴリマッサージするのは血管を痛めてしまうことがあるそうなのでご注意くださいね!

 

 

 

藤枝整骨院 ではムクミの症状でお悩みの方の対応もさせていただいております。

 

 

 

ムクミなどの気になる症状でお悩みの方は一度、京都市 中京区 四条大宮 藤枝整骨院 へいらして下さい!

 

 

シビレ💫や痛み⚡️が出ちゃいます🤖

2020年09月22日

皆さんこんにちは‼

 

 

 

京都市 中京区 四条大宮 藤枝整骨院 🏥 島らっきょ大好き藤枝です👺💨

 

 

台風が近づいてきているそうですね💦

皆さん風が強い時の外出は極力避けるようにしてくださいね💡

 

 

 

妊娠中🤰の昼寝💤は生まれてくる子供👶の健康的な出生体重と関連している可能性があるそうです☝

 

 

睡眠の質については色々な研究がされていますが、出来るだけ快適な睡眠💤を心がけていきたいものですね💡

 

 

 

 

さて今日は 坐骨神経痛 ( ザコツシンケイツウ ) ⚡についてお話をしようと思います💡

 

 

 

姿勢矯正については過去のお話をご覧下さい🙇

 

 

 

姿勢矯正のお話はコチラ‼

 

 

 

 

👺坐骨神経痛⚡って何❓

 

 

京都市 中京区 四条大宮 藤枝整骨院 坐骨神経痛

 

皆さん 坐骨神経痛(ザコツシンケイツウ)⚡という言葉は聞いた事があるとは思いますが実際どの様な症状が出てしまうのでしょうか❓👀

 

 

 

ざっくりいうと坐骨神経と呼ばれる神経が損傷、もしくは何らかの障害を受けてしまい足やお尻などにシビレや痛みが出てしまう状態の事を言います💡

※神経痛の場合、原因がある部分と離れた場所に痛みなどの症状が出ることがあり、坐骨神経痛の場合はお尻〜足にかけて症状が出てしまいます。

 

 

 

京都市 中京区 四条大宮 藤枝整骨院 坐骨神経

 

 

※上の図の緑色で囲っている部分の中の青い線のようなものが 坐骨神経 です☝✨

 

 

 

 

非常に太い神経なんですが、周囲の筋肉💪の筋緊張や神経への圧迫(体重がかかるなど)が原因となってお尻や足に痛みやシビレなどの症状が出てしまうことがあるんですね💡

 

 

 

 

坐骨神経痛⚡が出てしまっている状態でのデスクワーク🖥は腸腰筋(チョウヨウキン)と呼ばれる腰の筋肉の筋緊張や、臀部(お尻)へ体重がかかってしまい神経への圧迫さらにキツくなってしまうリスクがあります💦

 

 

 

坐骨神経痛の症状が出てしまっている時は可能であれば安静にするのが一番ですが、お仕事などの際はデスクワークを極力避けるか、専用のクッションなどを用意して体勢や荷重による神経への圧迫を避けるようにしてください💡

 

 

 

また、人によっては妊娠中🤰に(骨盤が開くにつれて)坐骨神経痛⚡の症状が出ることがあります。

 

 

産後、徐々に神経痛の症状が消える事もあるのですが、個人差があるので産後も坐骨神経痛がなかなか改善しない😭という方は一度専門医に診てもらいましょう💡

 

 

 

藤枝整骨院 🏥では神経痛⚡などの症状に合わせた施術を用意しております💡

坐骨神経痛などでお悩みの際はお気軽にお問い合わせ下さい。

 

股関節が痛い 😭

2020年09月21日

皆さんこんにちは‼

 

 

 

京都市 中京区 四条大宮 藤枝整骨院 🏥 藤枝です👺💨

 

 

 

 

今日は股関節の痛み⚡と腰痛⚡についてお話をしようと思います💡

 

 

 

 

眼精疲労👁💫については過去のお話をご覧下さい🙇

 

 

 

 

過去のお話はコチラ‼

 

〜股関節の痛み⚡️と腰痛〜

 

 

痛み⚡があると痛みの出ている部分に気を取られてしまい、痛みの原因がその他の部分にあるとはなかなか意識しにくいものです💡

 

 

 

 

もちろん痛み⚡が出ている部分に原因がある事も多いのですが、今日は痛み⚡が出ている部分とその原因の場所が違うというケースを股関節の痛み⚡に例えてお話をしようと思います☝

 

 

 

 

京都市 中京区 四条大宮 藤枝整骨院 股関節の痛み

 

 

 

※上の図は右側の股関節を正面から見たものです🤳

 

 

 

 

緑色で囲っているあたりに痛み⚡を感じて来院される事があるのですが、痛みの原因腰の筋肉💪にある場合があります💡

 

 

 

京都市 中京区 四条大宮 藤枝整骨院 腸腰筋

 

 

 

先程の図と同じく、右側の股関節を正面から見たものですが、青くなっている部分にご注目ください☝✨

 

 

 

青い部分の筋肉は腸腰筋 ( チョウヨウキン )と呼ばれる筋肉💪なのですが背骨骨盤、そして太ももの骨をつないでいる筋肉💪なんです💡

 

 

 

この腸腰筋がガチガチに固まってしまっていると腰痛⚡になりやすいのですが、起床時や座っている状態から立ち上がる時、歩行時などに股関節あたりに痛み⚡が出てしまうこともあります😥

 

 

 

京都市 中京区 四条大宮 藤枝整骨院 腸腰筋と股関節の痛み

 

※少し横(左斜め前方)から見るとこのように腸腰筋がついています💡

 

 

 

腸腰筋のストレッチをするとこの緑色で囲っている部分に伸びているような感覚が出やすいのですが、長時間同じ体勢(前屈み)をとるなどの負荷が腸腰筋へ加わる事で股関節(緑色で囲っている部分)に痛み⚡を感じるようになる事があります💦

 

 

痛みが出てしまうとどうしても痛みが出ている部分に意識がいってしまうのですが、腸腰筋が関連している股関節の痛み⚡️の場合は股関節の可動はもちろん腰回りの筋肉の緊張具合も診ておいた方が良いでしょう💡

 

 

普段から腰や股関節周りのストレッチを行っておくと予防にもなるので、長時間同じ体勢(前屈み)をとるようなお仕事をされている方は日頃から腸腰筋などのストレッチを行なってみてはいかがでしょうか❓

 

 

 

藤枝整骨院 🏥では骨盤矯正や姿勢矯正、 超音波施術器📻をご用意しております💡

 

 

 

 

患者様の症状に合わせた治療計画📓を立てて症状の出にくい体づくりを提案させていただいておりますので、ツライ症状でお悩みの方は、一度 当院へいらしてください😊

 

 

 

 

正しい姿勢で腰痛予防 ✨

2020年09月19日

皆さんこんにちは‼️

 

 

 

京都市 中京区 四条大宮 藤枝整骨院 🏥 藤枝です👺💨

s

 

 

 

今日は 姿勢に関わる筋肉についてお話をしようと思います💡

 

 

 

 

朝晩の冷え込みが出だしてきたので ギックリ腰💥にはならないように気をつけましょうね☝️

 

 

 

ギックリ腰💥については過去のお話をご覧ください🙇‍♂️

 

 

 

 

過去のお話はコチラ‼️

 

 

 

👺 正しい姿勢で腰痛予防 をしましょう 💡

 

京都市 中京区 四条大宮 藤枝整骨院 猫背の男性のイラスト

 

 

上のイラストのような猫背の態勢を長時間続けると腰にかなりの負担がかかってしまいます💦

 

 

 

前かがみになっていると背骨を後ろに引く作用がある筋肉💪が引っ張られてしまい、結果として筋肉に負担がかかってしまうんですね😵

 

 

京都市 中京区 四条大宮 藤枝整骨院 最長筋群を後ろから見た画像

 

 

上の図の青い部分は 最長筋 ( サイチョウキン )と呼ばれる背骨を伸展 ( 後ろに引く ) 作用がある筋肉💪なのですが、長時間前屈みの状態でいるとこの最長筋💪へ負担がかかってしまい、腰痛 ⚡️背中の痛み⚡️引き起こしてしまう事があります💦

 

 

 

腰痛背中の痛みの予防の為にも、日頃から猫背🐈には気をつけておきたいものですね⚠️

 

 

 

気をつけるといっても、姿勢を気にしているだけでは何も解決しなさそうですが、この筋肉💪本来の作用(後ろに引く動作)を手伝ってあげると何だか良さそうですよね❓👀

 

 

 

この筋肉💪の本来の作用は先程お話したように 背骨の伸展 、つまり背骨を後ろに引く作用です☝️✨

 

 

 

 

姿勢で言うと、猫背のように前屈みの状態ではなく 胸を張って背筋を伸ばしている状態ですね😊

 

 

 

姿勢が良くなると、見た目の印象だけでなく  腰痛 ⚡️や背中の痛みの予防にもなるなんて素敵ですね☺️

 

 

 

けれど いきなり自分で胸を張って背筋を伸ばしてみても、その姿勢を長時間続けられないのは仕方がありません🙇‍♂️

 

 

 

そんな時は 姿勢矯正 をしてから徐々に正しい姿勢を体に馴染ませてあげるのが おススメです👺✨

 

 

 

姿勢が悪い時は多くの場合、猫背などの姿勢でいることが楽に感じてしまっているのでその感覚から変えていってあげれば負担が少なく 正しい姿勢を維持できるようになります😊

 

 

 

当院では 姿勢矯正 や日頃からできるセルフケアについてもご説明させていただいているので、姿勢だけでなく腰痛⚡️などのお悩みもお気軽にお問い合わせください☝️✨

 

メ、ツカレテマセンカ❓

2020年09月18日

皆さんこんにちは‼️

 

 

京都市  中京区  四条大宮 藤枝整骨院 🏥 蕎麦を愛してやまない藤枝です👺💨

 

 

 

今日は眼精疲労👀💫についてお話ししようと思います💡

〜目の疲れ💫について〜

 

京都市 中京区 四条大宮 藤枝整骨院 目が疲れている男性のイラスト

パソコン作業🖥をされる方だけでなく、スマホ📱の普及に伴い多くの方が悩まされるようになってしまった眼精疲労ですが、何故パソコン🖥やスマホ📱で目が疲れるのでしょう❓👀

 

 

パソコン💻の画面などから出ているブルーライトはかなり強めの光なのはご存知の方も多いとは思います💡

※スマホ📱やTV画面、LED照明などもブルーライトを発しているそうです💡

 

 

長時間パソコン💻作業をしているとブルーライトによって目が疲れてしまうそうなんですが、スマホ📱となってくるとパソコン💻よりも至近距離で画面を見てしまっています💦

 

実は見る対象物の光量と対象物との距離が目の疲れに大きく関わっているんです💡

 

 

物を見る際、眼球の中では 周囲の明暗などによって瞳孔(ドウコウ)を収縮、拡張させたり、見る対象物との距離の遠近によって水晶体(スイショウタイ)と呼ばれる部分の厚みを調整しながら物を見ています💡

 

 

それぞれ光量の調節ピントの調節という具合にカメラ📸のレンズのような役割をしてくれているのですが、瞳孔の収縮や拡大、水晶体の厚みの調節は実は筋肉によって行われていて、それぞれ瞳孔括約筋(ドウコウカツヤクキン)、瞳孔散大筋(ドウコウサンダイキン)、毛様体筋(モウヨウタイキン)と呼ばれています💡

 

※下の図は角膜と虹彩(コウサイ)と呼ばれる組織の裏側の画像です💡

京都市 中京区 藤枝整骨院 左目の瞳孔散大筋と瞳孔括約筋を正面から見た画像

※中央の黒い部分が瞳孔で、左側の青い部分が瞳孔散大筋、右側が瞳孔括約筋です💡(左目を正面から見た画像です)

 

 

京都市 中京区 藤枝整骨院 正面から見た左目の水晶体と毛様体筋(毛様体突起、小帯線維を含む)の画像です

※瞳孔および瞳孔括約筋、瞳孔散大筋の裏側の画像で左側が水晶体、右側が毛様体筋(毛様体突起、小帯線維を含む)の画像です💡(左目の画像です)

 

 

 

 

長時間、パソコン💻やスマホ📱のようにブルーライトを発している物をを至近距離で見ているとこれらの筋肉に負担がかかってしまい、疲労が蓄積してしまうと眼精疲労の状態になってしまうんですね👀💦

※スマホ📱は特に至近距離になってしまうので気をつけましょう💡

 

 

長時間パソコン💻やスマホ📱を見続けるのを避ける(適度に休憩をとる)のが理想的ですが、仕事でパどうしても長時間パソコン作業💻をしないといけない方もいらっしゃると思います😥

 

 

作業の合間、もしくは仕事後に眼球の中の筋肉をケアしてあげると目の疲れにも良いので、暖かいタオル♨️などを目の上に置いて目をしっかりと温めてください😊✨(目は閉じてくださいね☝️)

 

※肩もしんどいという方は首回りや肩を適度に動かしてみたり、背中や首の筋肉をほぐしてあげるのも効果的です💡

 

 

 

藤枝整骨院 🏥では施術はもちろん、日常から行えるセルフケアの仕方も提案させていただいております💡

 

気になる症状でお悩みの方はお気軽にお問い合わせください☺️

四十肩、五十肩について(凍結肩)

2020年09月17日

  

皆さんこんにちは‼️

 

 

京都市 中京区 四条大宮  藤枝整骨院  藤枝です!

 

 

携帯と家電が接続出来るのは以前から知っていましたが、全部繋がると便利な反面、携帯がダメになった時に昔のテレビデオの様な事態にならないか少し不安になります、、、

 

 

 

さて、今日は 肩関節の痛み 、その中のうちの一つである四十肩五十肩とよばれる症状についてお話しをしようと思います💡

 

肩関節周囲炎って何⁉️

 

 

正式には、肩関節周囲炎 と呼ばれるのですが、読んで字のごとく肩周りの炎症を総じて表現される事もあります💡

 

 

痛みが出る場所や腕が上がらないといった症状によっては腱板筋損傷との鑑別が必要な時もあります💡

 

 

 

 

さて、この肩関節周囲炎は英語では フローズンショルダー ( 凍結肩 )とも呼ばれ、発症してから治るまでに4つのステージに別れます☝️

 

 

 

まず最初のステージは 急性期 と呼ばれます。

 

 

 

最初のステージの特徴として挙げられるのが、夜間痛(寝ている時も痛みます)、 安静時痛(患部を動かさなくても痛い)、そして 運動時痛(患部を動かした時に出る痛み)などです💡

 

 

 

 

肩は動かせるのですが、どの方向に動かしても痛みを感じてしまいます、、、

 

 

 

つまり最初のステージでは、肩関節の可動域の変化よりも 痛みが主な症状 になります☝️

 

 

 

痛さの感じ方も、ボンヤリとした痛みではなく局所的ピンポイントでの痛み が特徴的です☝️

 

 

痛みを伴うのですが、この段階では肩関節周辺への血流は正常なので運動制限は著明ではないそうです。

 

 

 

『ココッ』と指をさせる様な痛みなので英語では one finger sign ( ワンフィンガーサイン)と呼ばれているそうです。

 

 

 

 

次のステージは移行期と呼ばれ、この時期になると夜間痛の減少が見られます。

 

 

 

 

このステージで特徴的になってくるのが、 肩関節の可動域の減少 です。

 

※赤い部分での運動は痛みが強く出てしまいます。

 

 

 

痛みの範囲がボヤけてきて、ピンポイントと言うよりは広い範囲での痛みに変わってくるのですが、痛みはやはり続き徐々に関節の可動域が狭くなってくるので、このステージになって初めて来院される方も少なくないそうです。

 

 

 

このステージでは運動制限による為か、血管による肩関節周囲への血液の供給ルートも変わってくるそうです。

 

 

 

次のステージは 凍結期 ❄️です⛄️

 

 

 

このステージに入ると痛みは減少するのですが、関節の可動域もさらに 減少 してきます、、、

 

 

京都市 中京区 藤枝整骨院 右肩の肩関節周囲炎における肩関節の可動域の減少を表した画像

 

 

 

肩関節周辺への血流の変化の為に可動域が減少するとされています💡

 

 

 

京都市 中京区 藤枝整骨院 右肩の肩関節周囲炎における肩関節周囲への血流の変化を表した画像です。

 

↑上の写真の青い部分のように肩関節への血流が減少してしまいます💦

 

 

 

 

肩関節の周囲の機能が損なわれてしまい、肩が凍りついた様な状態になることからこのステージは凍結期と呼ばれています☝️✨

 

 

 

肩関節の動作を三角筋僧帽筋による補助を受けて行うので、腕を前方や後方に挙上することはできませんが、肩を引き上げることは可能です💡(シュラッグサインと言います)

 

 

 

京都市 中京区 四条大宮 藤枝整骨院 肩関節周囲炎の凍結期における右肩を前方から見た図です。 

 

 

 

京都市 中京区 藤枝整骨院 肩関節周囲炎の凍結期 前方からみた右肩のシュラッグサインを表現した画像です

 

 

 

解り難いかもしれませんが、上の図の様に肩をすくめるような動きをシュラッグサインと言います💡

※筋力トレーニングのシュラッグという種目から由来しているのかもしれません☝️

 

 

 

 

次のステージは 回復期 です。素敵な響きですね♬

 

 

 

回復期では文字通り徐々に肩関節の機能が改善されていくのですが、症例によっては元の状態に戻るまでに2年かかることもあるそうです💦

 

 

ただし、処置の仕方や人によって各ステージの期間は異なり、早期に適切な処置機能回復トレーニングを行えば回復期間も早くなるそうなので、もし四十肩、五十肩が疑われる場合は出来るだけ早く専門医に診てもらいましょう☝️

 

 

 

藤枝整骨院 では患者様の症状に合わせた治療計画を立て施術させていただいております。

 

 

 

気になる症状でお悩みの方は、一度 京都市 中京区 四条大宮 藤枝整骨院 へいらして下さい。

 

 

 

 

 

 


1 2 3 4 5